定年後に夫婦で楽しむ

夫婦で多様な楽しみを共有している人はうらやましいですね。

当然、定年後の夫婦が供におススメの旅行を行なうケースは少なく有りません。

ですが、それだけの楽しみであるのなら、それは一過性の行事に過ぎません。

それと比べると同じ嗜好を持つのはいかがですかか

性別や年齢に関係ない嗜好を共有することが出来れば、それは定年後もずっと楽しみが続くことになります。

ガッカリながら、嗜好の多くを見ると女の人がおお好みなことと男性がおお好みなこというのはちがいます。

夫婦で共有するこというのは難しいのでしょうか。

2人でチームを組んで、相手と競争するスタイルの嗜好であるのなら夫婦で楽しむことが出来ます。

当然、そみたいにおススメの嗜好を限定する必要は有りませんし、夫婦が同じ時に楽しむ必要も有りません。

例えば、奥さんが嗜好でセーターを作ったら、そのセーターを旦那さんが来て喜んでくれるだけでいいでしょう。

お互いが自分の立場で嬉しい感覚になればいいのです。

嗜好を始めると大げさにかんがえていては、何処かで無理が来ます。

気楽な感覚でやることが大切なポイントですのです。

あなたは嗜好を持っていますか。

この問いに対して自信をもって答えられる人はどれくらいいるのでしょうか

嗜好としてやっているだけで上手いわけではないと思っても、何となく気後れしてしまうのでしょう。

ただ、夫婦で楽しんでいますかと聴かれたら、誰だとしてもがハイと答えてくれるでしょう。

それが夫婦ですのです。

お互いの感覚が分かるようになったら、やっと満足出来る夫婦なのかも知れません。

定年後の新しい生活


今までお勤め一筋でやってきた人は定年後のライフサイクルを予想出来ないかも知れません。

ですが、いずれは定年がやってくるのですので、その後の新しい生活をかんがえておくこというのは大切です。

当然、定年後に直ぐに何かをしなければならないわけではないでしょう。

どんな嗜好を楽しむかをゆっくりとかんがえればいいのです。

おススメの嗜好としては将棋や囲碁等何歳になっても続けられるものがいいでしょう。

ちびっこたちと供に楽しむことも出来ます。

今まではお勤めばっかりで、スポットとの付き合いも殆んどしてこなかった人は、嗜好のサークルに参加してみてはいかがですかか。

自分の生活を新しくしましょう。

物理的なチェンジはなくても感覚が変われば、全部の生活は別の側面が見えてくるはずです。

今までは楽しみを逃してきたのかも知れません

自分のライフサイクルですので、以後をどう生きるかは自分自身で決めることが出来ます。

ただそのなかで嗜好は大きな意義を持っているはずです

楽しいことを続ければ満足感を感覚ることが出来るからです。

誰かと供に楽しむ嗜好なら、手を動かしながら話が弾むことでしょう。

隣に住んでいながら、殆んど話をしてこなかった人だとしても嗜好を介してつながることが出来るのです

おススメの嗜好というのはその内容ではなく、新しい生活に導いてくれることです。

世間一般的な意義での嗜好というのは言えないケースもあるでしょう。

それだとしても自分が楽しいと感覚ているのであるのなら、きっとおススメの嗜好と言えるでしょう。